就職率が過去最高の97.6%とのニュースを受けて

夜ネットニュースやテレビを見ていたら今年の春に卒業した方々の就職率が過去最高とのニュースを目にしました。

決して自分の就職が決まった訳ではないのにこのニュースをみて久々に明るい気持ちになりました。

その反面、人口減少により働き手が減って来ている事を意味しているのでは?という考えが生まれました。

これまでは仕事がない人が溢れて大変だったけれどこれからは働く人がいなくて企業が困る日がいつか来ると予測します。

やはり企業側と働き手が上手い具合にバランスを取りよりよい日本経済になる事が一番だと思います。

そしてせっかく明るいニュースが舞い込んで来たので次の就活生や学生さん達は希望を捨てずに自分の信じる道を突き進んで頂きたいです。

また、企業側も人不足に陥って1人あたりの負担が増えてはいくら就職率が上がっても意味がありません。

今後、政府人員不足に備えた対策をいち早く行って欲しいです。

現在、定年退職の年齢の引き下げなども検討されているようなので人不足の現場こそ早目に導入をするべきではと思います。

就職はその時代に合わせて大きく左右されるという事をこのニュースを見て実感しました。

これから日本の経済や雇用がどの様な動きを見せるかきになります。

モビット 審査
モビットの審査に通る為に一番大切な情報をお話したいと思います。

高等教育の無償化の是非について

高等教育の無償化を憲法で明文化することが議論されています。経済状況によって学ぶ場に差異が出ることは、今後少子化が加速する日本において好ましいことではありません。したがって、高等教育の無償化には概ね賛成の立場です。ただ、ここで課題になってくるのが財源です。ただでさえ日本の社会保障は危機的な状態です。その中でいかにしてこの政策を可能にしていくのか。まず私は高所得者への年金の給付のあり方を検討すべきであると考えます。切迫した問題だと捉えておりますので、無年金まで踏み込んでもいいと思います。社会的に成功を収めた人は社会にその還元をするべきです。また議員定数の削減や政党交付金の減額もできることであると考えます。そして課題はもう一つあります。それは教育現場の崩壊を招いている生徒や保護者への対応策です。人道的に教育機会を平等に与えることは大切ではありますが、教育現場の秩序を乱す人間への罰則規定は設けてもいいと思います。これらは条例でも十分に対応できると考えますが、新たに法律を作ってもいいと感じます。罰金を課すことあたりが妥当であるような気がしますが、少年院との中間に値するような更正施設も選択肢かもしれません。カードローン借り換え

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !